2016/10/09

東方紅楼夢に参加してきましたとか

athenth 氏に誘われ、大阪インテックスで行われた東方Projectのイベント「東方紅楼夢」に行ってきました。

これまで、夏コミ、冬コミ、博麗神社例大祭、秋季例大祭は参加してきましたが、地方の東方同人イベントは初の参加になります。

秋は毎年、前回行った秋季例大祭や今回の紅楼夢、京都の合同イベントなどなど…東方イベントが多い時期のようです。
こういったイベントで大手サークルに並んで CD をリュックサックや手提げバッグがパンパンになるまで買い漁る私ですが、今回は金銭的な問題と、新譜が少ないということもあって、様子見的な立ち位置で参加しました。


なんやかんやでトラブルが多いので、かなり余裕を出発することが多い私ですが、athenth 氏と待ち合わせの約束をしたコスモスクエア駅に早く着すぎてしまいました。それで、駅でしばし待っていたのですが、キャリーケースを持って移動する人や、改札をすごい勢いで通過する人、あと若い人が多いっていうのは地方のイベントとは言え、会場周辺の駅はどこも同じ雰囲気ですね。
この雰囲気、たまりませんね。イベントに来たって感じがします。

電車1本分あとくらいに athenth 氏が到着。早速、会場に向かいました。

大阪は何だかんだ言って、これまで新幹線の乗り継ぎとかで立ち寄るくらいしかなかったので、長居するのは実は初めてになります。まぁ、それでも大阪の中心地から離れたところにある会場なので、大阪って感じがあまりしませんでしたが…。

で、これが大阪インテックスの入り口。
若い人たちで溢れています。天気予報で雨のち曇りとか言うくらいの微妙な空模様…。こういうイベントは基本、屋内がメインなのですが、列が長すぎると、外に出されていまうので、気になる天気ではあります。

なかはこんな感じ。
アーケードっぽくなっていて、両脇にファストフード店やレストランが展開しているようです。中央にはおなじみの行列ができていました。

ブースの方の写真は撮り忘れてました…。
会場は、通路が広く取られていて、参加者の人口密度もそこそこ。楽に買い物できそうですな。

あと、会場で東方のアレンジ曲が流れていたのですが、こういうのはいいですね。CD を買い漁っている私としてはテンションアゲアゲですっ!知っている曲も半分以上ありましたし!
あとで、気づいたのですが、この音楽、選曲がとてもいいなーと思っていたら、本部に DJ が居ました。こういうのホントにいいですねー。


地方イベントとはいえ、athenth 氏からの頼まれごともあったので、開始前にブースの位置などチェックして回ったりして気張っていったのですが、会場は全体的にまったりした雰囲気で、そのままイベントが始まりました。

コミケや例大祭では、大手サークルの前に開始直前から列が形成され、参加者がこぞって作品を買い求める…といった風景が見られるのですが、紅楼夢では開始のアナウンスがあった後、即座に作品を買い求める…人はほとんどおらず、逆に「もう買ってもいいの?」的な雰囲気があって、イベントによって変わるもんなんだなーとプチカルチャーショックを覚えたのでした。

そんなゆるゆるな感じで買い物は午前中で無事終了。
途中で、宝の地図をばらまくという大失態をしてしましましたが、買い漏らしや買い逃しもなく、予定していたものはコンプリートしました。


お昼は、アーケードのところにあったニューミュンヘンというレストランで、A定食を注文。サワラの照り焼きとチキン竜田(だったかな?)のタルタルソースあえでしたが、味はまぁ、可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。


メイン会場の4号館と6号館の間では、カレーライスと唐揚げ、クレープのケータリングがやっていました。写真左のステーキ黒カリーは試してみたかったのですが、ステーキ付きは完売。黒カリーのみだったので、断念。結局、写真右の「博多からあげ専門店 田中屋」の「からあげ丼」を食べることにしました (さっきお昼食べたのにねw)。

で、私が博多ねぎまよ丼 (写真左 900円)、athenth 氏が博多からあげ丼 (写真右 700円)を注文しました。
このからあげ丼、ただ単に唐揚げを飯の上に乗せただけでなく、乗せる前に唐揚げをたれにつけているので、唐揚げから滴る肉汁とタレが飯をうまくしています。ネギマヨは、マヨネーズは唐揚げに合うのですが、ネギが少し残念な感じ…。多分、乾燥ネギを使っているせいなんでしょうか、ネギの薬味感が一切なかったですね。まぁ、ケータリングと割り切ってしまえばそうなんでしょうが…。

このほか、グッズ売り場を athenth 氏と一緒に回っていたときに、例大祭に行くたびに気になっていた日本酒を売っているブースを発見。「大吟醸 蓬莱泉輝夜」 4,000円という、ちょっと二の足を踏む価格ですが、ここは飲まなきゃだめでしょってことで、購入してみました。さすがに会場で飲むのは気が引ける (っていうかだめっぽい) ので、近くのコスモタワーに場所を移して、athenth 氏とを飲んでみました (昼から飲んでいるなんてなんて贅沢w)。

パッケージは至るところにキャラクターが描かれていて、東方 Project の日本酒といった感じです。もうパッケージだけでもお腹いっぱいです。瓶もきれいな淡い青色。


気になる味ですが、まずは匂いがとてもフルーティーです (味とか言いつつ、最初に匂いとか…)。コップに鼻を近づけなくてもわかるくらいのいい香りです。色は透明 (なので、写真は撮っていない)。味は、最初は飲みやすい甘口かと思いきや、後から辛口の日本酒独特の味わいがやってきます。
私は辛口よりも甘口派なので、辛口の日本酒はあまり好きではないのですが、これはこれでありで、人にも勧められますね。


イベントのブログを書いたつもりが、Twitter でよくやっている食レポがメインになってしまった気が…。
コメントを投稿